次世代育成支援対策推進法に基づく京都北都信用金庫行動計画(第3回)

職員が仕事と子育てを両立させる事ができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮出来るようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成27年4月1日から平成29年3月31日までの2年間

2.内容

目標1
計画期間中に、男性職員が1人以上育児休業を取得すること。
対策
平成27年6月~
  • 育児休業の取得促進を図るため、部店長会及び人事部の臨店による指導。
目標2
女性職員の育児休業取得率を95%以上維持すること。
対策
平成27年6月~
  • 育児休業の取得促進を図るため、人事部の臨店による指導。
目標3
育児のための短時間勤務制度、所定外労働の制限など職員が子育てのための時間を確保できるよう制度紹介冊子を作成し、制度の周知及び利用促進を図る。
対策
平成27年4月~
  • 平成27年度基本計画重点施策に制度紹介冊子の作成を取り上げる。
平成27年10月~
  • 育児休業職員懇談会を開催し、育児休業中の職員に対して、制度について周知し、利用促進を図る。
平成27年11月~
  • 制度紹介冊子である「福利厚生のしおり」を作成し、全職員に配布。