亀岡支店

塩見 大樹

先輩からのメッセージ

私は、融資のエキスパートに
なりたいです。

1.現在担当されている仕事と、その内容を教えてください。

融資係として、窓口に相談に来られるお客様の接客から、営業係の融資案件のフォローや契約書作成事務、既存融資の返済状況の確認などの後方事務まで、幅広い業務を担当しています。融資窓口では主にマイカーローン、教育ローン、住宅ローンなど個人のお客様からの相談を受けますが、時には法人のお客様から事業性融資の相談を受けたり、創業支援の相談を受けたりすることもあります。お客様が何を求めておられるのかをしっかりと聞き取り、最適な商品や方法を提案する大切な仕事です。

2.仕事が面白いと感じた出来事を教えてください。

お客様が私を頼りにして相談に来てくださることです。以前、私が住宅ローンを担当したお客様が私宛に来店され「車を買おうと思っているのだけど…」と相談してくださり、マイカーローンをご利用いただいたことがありましたが、そのお客様は、手続きが終わり書類をお返しするときに「また何かあったら相談するからまだ他の店に異動しないでね!」と声をかけてくださいました。住宅というお客様の人生最大の買い物のお手伝いをさせていただき、さらにその後も「何かあったら、あのときお世話になったほくとしんきんの塩見さんに相談してみよう」と思っていただけているというのはすごく嬉しいことでしたし、仕事が面白いと感じた出来事です。

3.今後どうなりたいか・またそのために心がけていることを教えてください。

私は融資のエキスパートになりたいです。融資係となり2年半ほど経ちましたが、融資業務はおくが深く、お客様とお話しするにも様々な知識や、ニーズを探るための会話の引き出しが必要になります。時には上司と一緒にお客様のお話を伺ったり、一緒に考えたりしてもらいますが、そんな時、上司に任せきりにせず、どういう会話をしたのか、どういう対応をしたのかを観察し、分からないことは質問したり調べたりして、日々スキルアップに努めています。そうすることでお客様に頼りにされる融資係になりたいです。